GWを控えたある日

■学園の近所にある焼肉店『ゲンゴロウ』 ガラガラガラッ 「へいらっしゃ・・・おう! ヒナ坊ぼう、おかえりィ!」 「ただいまぁ~」 「あぁ~待て待てヒナ坊、今ちょうどお客さん居ねぇんだ」 「みたいだねぇ」 「先にここで晩飯食ってくれると助かるんだが」 …

ライスランドへ

私たちは、ひょんなことから潜入捜査を行うことになりました。 かつて私たちの国、キスビットを救うために死力を尽くしてくださったカウンチュドさんからの依頼とあれば、断ることなんてできません。 しかも、邪神ビットが関わっているかもしれない怪事件と…

アウレイスについて ※閲覧注意

アウレイス。 純白の肌に白銀のロングヘア。 彼女を見ていると、この世に色彩が存在することを忘れてしまいそうになる。 しかし、翳かげりのある眼には燃えるような深紅の瞳が覗き、彼女が唯一持つこの色は内面の意志の強さを表しているように見える。 アウ…

ラミと毒矢とクォルと薬

この物語は、らんさん(id:yourin_chi)のクォルとラミリア(順不同敬称略)をお借りして妄想爆裂した結果の産物です。 yourin-chi.hatenadiary.jp 今回の依頼人は一風変わった商人だった。 コードティラル神聖王国の首都、ティラル。 その商業区で商店を営む彼…

祝1歳

「ねぇお母さん、何してるの?」 「ケーキを作ってるんだよ」 「わぁ! 今日、誰かのお誕生日なの?」 「そうだね」 「お父さんじゃないよね?」 「違うね」 「お母さんも違うよね?」 「違うね」 「アワキアでもオイラでもないよね?」 「エオアもアワキア…

沿玉鬼祭り『キスビットコーナー』後

沿玉で開催されている鬼祭り、その会場のキスビットコーナーの裏手で一人の鬼が項垂うなだれて座っていた。 名を、エビシと言う。 彼は特に器用な方では無く、このようなイベントにはあまり向いていない。 それなのにこの会場ではキスビットの広報活動をする…

沿玉鬼祭り『キスビットコーナー』前

「本日は我がキスビットの、鬼にまつわる体験コーナーにお越しいただきまして誠にありがとうございます!ワタクシ、キスビットの真ん中にある村、タミューサから参りました、外交使節および広報担当のエビシと申します。これを機に皆様方が少しでも、我がキ…

キスビット人の信仰について

キスビットは土壌信仰の精霊たちから端を発した国である。 キスビット人と呼ばれる彼らは例外無く土壌神ビットを信仰しており、土属性の加護を授かっている。 能力に個人差はあるが、大抵のキスビット人は土や石などを自在に操ることができるのだ。 そんな彼…

エスヒナについて

エスヒナ=アミィアリオン。 彼女のことを知ってもらうためには、まず『サムサール』という種族について理解してもらわねばならない。 人間とは異なる、妖怪と呼ばれる存在の一種だ。 サムサールの特徴としてまず挙げられるのは、その外見である。 彼らは褐…

魔王軍に入りたい

りとさんの魔王軍に立候補です! とてつもなく強力な加護の能力を持つ、精霊の兄弟です! 兄のフィレッヒは炎を信仰している。 強力な火炎を操り全てを焼き尽くすことができる。 弟のワテルーミは水を信仰している。 激しい水流で何もかもを押し流してしまう…

【05】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】

【00】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】 【01】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】 【02】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】 【03】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】 【04】怪盗チャイ ~哀しみの行方…

【アイラヴ】煮え湯でも何でも飲み込むところから始まる

「ウチが二人・・・それってウチのやってることが、理想からかけ離れてるってことやないですか!」 初華は思わず大声を上げてしまった。 美香の視界に現れる、色の薄い影のような自分。 その影と自分自身の距離が離れているほど、今の自分が理想から遠いという…

【04】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】

【00】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】 【01】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】 【02】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】 【03】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】 「おい!待てよチャイ!どこに行…

良い夫婦の日

「痛ッ・・・」 「どっ、どうした!?」 「いえ、大丈夫です。すみません」 「おいおい、変な気遣いはよしてくれ。私は君の夫だぞ?」 「・・・そ、そうですね・・・えっと、履き慣れない靴で足が痛くって」 「なんだ。そんなことか」 「つまらないことで止めてしまっ…

アスミちゃんと雪

描かせていただきました! ねずじょうじさん(id:nezuzyouzi)のSSにインスパイアされまして! nezuzyouzi.hatenablog.com もっと純粋無垢な天使感というか、透明な感じが出せれば良かったんですが・・・。 今の私にはこれが精一杯でした。 アスミちゃんマジ可愛…

エウスオーファンの一日

激動の激闘を経てキスビットから種族差別が消え去り、ルビネルの活躍によってアウレイスが生還を果たしてから数日。 タミューサ村では平和な時間が流れていた。 自室で書きものをしていたエウスオーファンのところに来客があったのは、早朝のことだった。 「…

エスヒナさん猫になる

↑時系列としてはこれの続きです。 「ボク・・・ハロウィン好きじゃない・・・」 カボチャの被りモノをゴロリと床に転がして、オジュサが言った。 その瞳には光が無く、『ジャック・オー・ランタン』という名称を耳にしたときの輝きはすっかり失われてしまっていた…

【4コマ】数学の授業

【4コマ】体育の授業

【4コマ】中等部

【4コマ】授業風景

【4コマ】冬のゆるえあり

【03】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】

『続いて、喜ばしくも不可解なニュースです。先日ハーレイハビサ美術館から盗まれた【ミーアの翼】が無傷で帰還したとのことです。当局による情報開示は無く、詳細は不明ということで、何とも腑に落ちない事件でした。ともあれ無事に・・・』 プツン。 視るとも…

【02】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】

「この度はチャイ逮捕へのご協力、感謝致します。ですがご覧の通り・・・面目ありません」 チャイの同級生という男に頭を下げているのは、国際警察の警部、ケサーナである。 ハーレイハビサ美術館に展示されていた『ミーアの翼』を創作した張本人の芸術家が、子…

【アイラヴ】論語読みが必ずしも論語を知ってると思うな

「へぇ~!副社長さん、アイドルやったんですか!」 初華が驚きの声をあげた。 確かに整った顔立ちをしているし、透き通るように白い肌は実年齢が読めない若々しさを醸している。 「そう。で、当時の私の熱烈なファンだったあの人と結婚して、この事務所を設…

私の創作に影響を与えているかもしれないもの

nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp 上記の記事に寄せて。 私が影響を受けた作品は数限り無くあります。 生来が広く浅くな人間ですから、作品の形式もジャンルも多種多様です。 小説、漫画、絵画、音楽、映画、舞台、人間関係や特殊な経験、飲食などにも影…

めぐり逢い ~エウスオーファン、その若き日~

目の前にサターニアの男が居る。 酷い暴行を受けたようで、唇は切れ血が滴り、顔も腫れ上がってる。 彼が私を警戒し、そして憎しみの感情を抱いていることはニオイで察知している。 歳の頃は40かそこら。 若干二十歳ハタチの私に対し、この若造がというよう…

【01】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】

ここは、キスビット国の南西部に位置する都市、ラッシュ ア キキ。 この街は人口のほぼすべてをアスラーンが占めている。 町のお食事処。 食堂の天井付近には大きめのモニタが設置され、ニュース番組が流れている。 誰でも気軽に入れる、というわけでは無い…

【00】怪盗チャイ ~哀しみの行方~【新生キスビット】

無機質な機械類に囲まれた部屋。 壁面がほぼ見えないほど、何かの装置や図面などが所狭しと置かれている。 天井が全体的に発光しているため暗いということは無いが、このような発光体を他で見かけることはない。 一体どのようなテクノロジーが使用されている…

タミューサ村のハロウィン【公式】

「という訳で、私は暫しばしグランピレパに行かねばならん。観光客の増えるこの時期、村に居られないのは後ろ髪惹かれる思いだが・・・」 ここはエウスオーファンの家、つまり村長邸である。 キスビット国のほぼ中央に位置するこのタミューサ村で、村長のエウス…